アミノ酸シャンプーの効果について

アミノ酸シャンプーの効果とは!?

アミノ酸と毛髪

今人気のアミノ酸シャンプーのアミノ酸とは、どういう意味かご存じでしょうか。体を構成する上でなくてはならないアミノ酸ですが、タンパク質を作っている成分です。もともとわたしたちの体はタンパク質でできています。そんなタンパク質を構成しているのがアミノ酸です。アミノ酸が数百、数千と集まってタンパク質が出来ています。

またわたしたちの体には、体内で合成できる非必須アミノ酸10種類と、できない必須アミノ酸10種類の20種類が必要です。現在さまざまな生物に含まれているアミノ酸の種類は、見つかっているだけでも500以上もあるとのこと。わたしたちの毛髪、頭皮ももちろんアミノ酸から出来ているわけで、アミノ酸系のシャンプーが優しいのは当然のことなのです。

そして毛髪を修復するには、アミノ酸が役だってくれるのです。そのためアミノ酸シャンプーは痛んだ毛髪を修復し、頭皮の状態も改善。今まで薬品の固まりでできていたシャンプーを毎日使って、ボロボロになっていた頭皮や毛髪がアミノ酸シャンプーを使うことで改善されていきます。

参考HP《https://www.mamorigami.co.jp/》
ダメージ補修アミノ酸シャンプー「守り髪」です。

シャンプーを変えることで、薬品を毎日毛髪や頭皮につけることもストップされ、それだけでも変化があるはず。その上アミノ酸シャンプーが優しく包んでくれるので、より髪質は良くなるのです。

嬉しい効果について

今までのアルコール系シャンプーによる、毛髪への悪影響いろいろ感じだしているわたしたちは、だんだんアミノ酸シャンプーに移行している人も増えています。確かにシャンプーを変えると、まず洗い上がりが違うことに感動した人もいるのではないでしょうか。もちろん人工的なツヤやサラサラはないものの、1カ月も使い続ければ自然のツヤが出てきたことに気付くはず。1年近く使用していると本当のアミノ酸系シャンプーの効果が体験できます。そんなアミノ酸系シャンプーの魅力的な効果について考えてみましょう。

まず最近抜け毛が多かったり薄毛が気になっている人は、使い始めて1カ月ぐらいで抜け毛が少なくなったことを感じるのではないでしょうか。もちろん遺伝やホルモンの影響、加齢による薄毛もありますが、頭皮を傷めるアルコール系シャンプーは悪化させるだけ。

そしてもう一つ、痒みやフケも改善されたことに気付くはずです。個人差もありますが、早い人では数回の使用で痒みが治まることも。ただしアミノ酸シャンプーなどの影響で完全に頭皮アレルギーが出てしまったり、皮脂分泌異常が起こっている場合は少し使い続けることが大切です。他にも頭皮の臭いや髪の毛が細く切れるなどの状態もだんだん改善されます。このようにアミノ酸シャンプーには嬉しい効果がたくさんあるのです。

シャンプーの種類

アミノ酸シャンプーは毛髪や頭皮のためにも良いということは、多くの人が気付いています。刺激もほとんどなく、アミノ酸だから毛髪や頭皮が逆に元気になります。だからこそアミノ酸シャンプーの種類もどんどん増え、選ぶのに困るほど。しかしシャンプーにはアミノ酸シャンプーや、薬剤の固まりのようなアルコール系シャンプー以外にも色々なタイプがあります。

まず種類はとても少ないようですが界面活性剤を使わず、石鹸分を使用している石鹸シャンプーがあります。脱脂力が強いのでしっとりとした毛髪を望むならおすすめできません。また無添加シャンプーというタイプもあります。無添加というと天然素材を使用したシャンプーというイメージがありますが、無添加という言葉の使用は法的な規制はないので注意が必要です。例えば自然派シャンプーというタイプは、確かに天然由来で作られていますが、泡立ちが悪かったり、きしみが強かったりと素材は安全でも、ただ自然由来だというだけではあまり満足のいく効果はあまり期待できない場合も。

また最近人気のノンシリコンシャンプーですが、もちろんアミノ酸シャンプーや自然派シャンプーなども当然ノンシリコンと謳っています。しかしノンシリコンというだけでは、アルコール系シャンプーでもノンシリコンと謳っているものも。しかしアルコール系シャンプーはツヤだし薬品を使わないわけにはいきません。この場合は当然シリコンでなくても同じような効果のある薬品による、つや出しが使われているので注意しましょう。