アミノ酸シャンプーは毛髪や頭皮のためにも良いということは、多くの人が気付いています。刺激もほとんどなく、アミノ酸だから毛髪や頭皮が逆に元気になります。だからこそアミノ酸シャンプーの種類もどんどん増え、選ぶのに困るほど。しかしシャンプーにはアミノ酸シャンプーや、薬剤の固まりのようなアルコール系シャンプー以外にも色々なタイプがあります。

まず種類はとても少ないようですが界面活性剤を使わず、石鹸分を使用している石鹸シャンプーがあります。脱脂力が強いのでしっとりとした毛髪を望むならおすすめできません。また無添加シャンプーというタイプもあります。無添加というと天然素材を使用したシャンプーというイメージがありますが、無添加という言葉の使用は法的な規制はないので注意が必要です。例えば自然派シャンプーというタイプは、確かに天然由来で作られていますが、泡立ちが悪かったり、きしみが強かったりと素材は安全でも、ただ自然由来だというだけではあまり満足のいく効果はあまり期待できない場合も。

また最近人気のノンシリコンシャンプーですが、もちろんアミノ酸シャンプーや自然派シャンプーなども当然ノンシリコンと謳っています。しかしノンシリコンというだけでは、アルコール系シャンプーでもノンシリコンと謳っているものも。しかしアルコール系シャンプーはツヤだし薬品を使わないわけにはいきません。この場合は当然シリコンでなくても同じような効果のある薬品による、つや出しが使われているので注意しましょう。